B’z30周年を記念したアニバーサリーツアー
Pleasure2018「HINOTORI」の9月21日味の素スタジアムに参戦してきましたよ!

すでにTwitterなどのSNSで情報が拡散されているけど、
実際に参加した筆者が、キムタクサプライズの当時の状況を
記憶が薄まる前に詳しく解説していくね!

あの場面に立ち会えた貴重な体験にまじで感謝。。。

はじめに感じた違和感

ライブも中盤に差し掛かった頃
正直なところ、
稲葉さんの喉の調子が絶好調とは言えない状況だったので
このあとこのまま最後まで歌えるかな、と生意気にも心配していたんだ。

そんなこんなで小休憩を挟んでリズム感の気持ちいいセッションから
増田さんが奏でるZEROのあのイントロが始まった。

ワァっ!
一瞬で湧くオーディエンスに叩きかけるように始まる
ZEROのビート!
演奏開始と同時に稲葉さんがステージ左に向かって走り出した。
その時稲葉さんが走る進路の上に一人のカメラマンがいたんだ。

もちろん接触はしなかったが、
稲葉さんがそのカメラマンのおしり付近をタッチした気がしたんだ。

そのカメラマンはステージ中央にいた松本さんを撮影していたから
気づかずに進路を邪魔してしまったのかと思ったけど、
今までB’zの完璧なライブを見てきた俺はその場面にとっても違和感を感じた瞬間だったんだ。

カメラマンがB’zの二人の邪魔になるようなミスをしている場面を見たことがなかったからね。

こりぁおかしい。違和感から疑惑へ

その後もZEROは順調に演奏され、オーディエンスのみんなもノリノリだった。

でも松本さんにカメラマン一人がやたら近くで張り付いているw

その時松本さんについていたカメラはおそらく2台あったんだけど、
キムタク扮したカメラマンの他にもう1台カメラがあって、
そのカメラが松本さんを写すんだけど明らかにカメラマンの後ろ姿が画に入っていたから
おっかしいなー
と思いながら見ていたんだよね。

しかも怪しいカメラマンは実際にカメラを持って松本さんを
撮っていたけど画的に松本さんとギターのバランスが悪く、
ギターが見切れていたから「アレ、カメラ下手じゃね?」
って気づいたのは俺だけではないはず。

キムタク登場

そんな疑惑が残りつつも演奏は1サビが終わり
ギターソロで盛り上がったところでラップ部分に入ると思いきや・・・

いきなり演奏がストップ。

一瞬エッって思ったら
なにやら稲葉さんが例の怪しいカメラマンをいじめてるww
じゃなくて帽子を無理やり取ろうとしているww

カメラマンもめっちゃ抵抗してるし、
稲葉さん止めてあげて!

と思った瞬間
カメラマンがついに観念し顔を上げた瞬間



のキムタク登場!!!

会場発狂

ぎゃーーーーーー!!!
と悲鳴?に近い歓声で大興奮の会場となったのは言うまでもない。

隣の方なんて
ギイやああ~~~!!!
と最早雄叫び状態に突入。

アレ、キムタクファンのウチの嫁の声が聞こえない。
隣を見ると泣いてるwwww

まぁ男の俺でもこれだけ興奮したので無理はないでしょう。

キムタクは歌ったの??

そしてそしてキムタクが登場したタイミングがZEROのラップ前だったので

稲葉さんのマイクでキムタクと二人でラップを熱唱!!!

ジャニーズさん映像化許可おなしゃーす!!

ラップを歌い終えた二人は交互にシャウト3回ぐらいしていたけど
二人共嬉しそうだったなー。
とってもアッつい笑顔だったぞ。

最後にキムタクから
「30周年おめでとうございます!!」
と祝福の言葉を送って
稲葉さんとハグ、松本さんとガッチリ握手してカッコよく去っていった。

さいごに

今でも最前線で活躍し続けているスパースターのキムタクさん、
お忙しい中B’z30周年の記念日に特大の花を添えていただき
ありがとうございました。

密かにいつかB’zとキムタクがコラボで曲作ってくれないかと
期待しています!

また三人のステージが見てみたいぞ!